間接経費分野の購買用語集

間接経費分野の購買用語集

適正価格

テキセイカカク

原価・利潤などを考慮に入れて、適当と思われる価格

関連ページ

建築案件のススメ

(第1回)購買のキホンは、価格の適正化です。

長期的なトレンドでは建築コストが上昇するコトは、誰でも想像がつきます。だからこそ、発注者は、建設コストの”削減”ではなく、 価格の”適正化”の必要性に思考をシフトすべきです。適正化では建設業者と「顧客の情報ギャップ」を埋めることで、コスト削減を図り、意思決定や発注手続の円滑化を進めます。

>>続きを読む

(間接経費)購買の考え方

<リバースオークション戦略> 価格の妥当性

価格の妥当性はどう判断するのか? コスト削減を進める上で、見積が添付されているだけでは、それが本当に正しい価格であるかは判断できません。しかし、見積とともに見積取得の「プロセスが明確化」されていると、プロセスと見積の両者により価格の妥当性が判断しやすくリます。

>>続きを読む

(間接経費)購買の考え方

「価格」のメンテナンス・保守の大切さ

最初に正しい購買プロセスを経て「適正価格」で取得しても、以降同様の購買プロセスを踏まずに放置していると、好条件(サービスレベル)に変更できる機会をみすみす逃してしまいます。これは市場に比した「適正価格」を維持できていない状態であるという事です。契約の更新時(自動含む)も新規契約時と同様に正しい購買プロセスを経る必要があるのです。

>>続きを読む
間接経費分野の購買用語集

    最新コラムの更新と弊社サービスについてのメルマガを配信しております。購読希望の方はこちらよりお申込ください。

  • メルマガ登録