最適な間接材購買のススメ

  • 間接材コスト適正化がザックリつかめるコラム

    2018/06/12

    ユニフォームは何のため? 目的の明確化でコストを適正に!

    店員と判断できる服を店舗で、
    作業効率を高める服を工場で、
    汚れが目立って洗いやすい服を病院で…

     

    あらゆる職場で導入されているユニフォームですが、
    効率的な調達のためには目的を明確にすることが重要です。

     

    例えば滅菌ルームでの軽作業に使うのであれば、
    襟の形やサイズなど、デザインは優先順位が低くなります。
    ここの仕様を緩和すれば、提供可能なメーカーも増え、
    安い調達先が見つかる可能性が高くなります。

     

    また、規格品で対応が出来るようであれば品質も安定し、
    結果として生産ロットや納期的にもメリットを得られることもあります。

     

    もう1つのポイントは発注量です。
    細々と発注するよりも、ある程度まとめて発注する方が良い条件を引き出しやすくなります。

     

    他店舗展開している企業さまであれば、
    各店舗が個別に調達するより、全店舗での調達を検討しましょう。

     

    何着も必要になるものなので、
    細かい適正化が大きな成果に繋がる傾向があります。

    適正な調達方法について迷ったらお気軽にご連絡ください。

関連ページ

事業・サービス紹介

DeeCorpのメソッド

17年間、ディーコープがご支援して参りました大手企業を中心とした2,000社以上の買い手企業様の”間接材・サービスの購買適正化”を支援してくることで得られた購買ノウハウや、考え方を体系化した“メソッド8種類”をご紹介します。

>>続きを読む

事業・サービス紹介

アウトソーシング

間接材・サービスの購買を、長年専業で培った情報やノウハウを活用し、適正価格で購買できる様にサポートしていきます。 ディーコープ独自のアウトソーシングという仕組と立ち位置で、適正な市場価格を導きだします。

>>続きを読む

ニュース

コラム一覧ページ

最適な間接材購買のススメ、社長コラム、間接材コスト適正化がザックリつかめるコラムとディーコープから皆様に送る、間接材購買についてのコラムです。

>>続きを読む