間接経費購買の考え方

  • コラム

    2018/03/29

    ロングテールに負けないためのアウトソースとインソースの分け方

    インソースとアウトソース   非戦略購買(間接材購買)を、課題であるロングテールに負けることなく行うための“アウトソース”する業務と“インソース”する業務をみていきましょう。   1.インソースする業務 ・ガバナンス、統制をかけるための、間接材購買を行う「組織」や「箱」...

    続きを読む
  • コラム

    2018/03/22

    間接材の購買プロセスの「実行」と「保存」の方法

    購買プロセス業務 「実行」と「保存」を分けて考える   「購買のプロセス」における業務をさらに因数分解して、どの業務をアウトソース・インソースに分類すべきかを見ていきたいと思います。   ロングテールの購買はインソース? アウトソース?   「購買のプロセス...

    続きを読む
  • コラム

    2018/03/15

    間接材購買業務 ガバナンスの視点を持つ

    見える化に必要なのものは?   見える化のメリット 間接材の購買を "正しく" "納得感のある" 購買にしていくためには、間接材の購買を「見える化」して経営のコントロールの中に入れ、ブラックボックス化しないことが重要です。 それにより経営にとって、下記のようなメリットがうまれます。...

    続きを読む
  • コラム

    2018/02/13

    「購買業務の分解」が正しい間接材購買の糸口となる!

    インソースとアウトソースに分かれる間接材購買業務   実は以前出版した「間接材購買戦略」は、間接材の購買を、企業の組織内で行うことをイメージしながら書いております。   ポイントは、「間接材購買」業務を単純にインソースでやるか、アウトソースでやるかというような「ゼロイチ」...

    続きを読む
  • コラム

    2018/02/05

    間接材購買の プロ=専門家 とは?

    専門家の定義とは?   間接材購買の(プロ=専門家)というのはどういう人なのか、その定義をを考えてみたいと思います。 買い手企業の“間接材”購買業務を長年支援してきた私たちは、専門家の定義には大きく「3つ」があると考えています。   1:購入する「もの」や「サービス」の...

    続きを読む