間接経費のコスト削減‟お役立ち”コラム集

  • コラム

    2020/11/27

    「安い=いい購買」は正しいか?

    いい購買とは何か?  を考えてみましょう

     

    購買をする目的は何でしょう?

    「いいものを安く買う」こと? では「安い」って何でしょうか?

    いま買っている値段より安い? 自分が思ったより安い? 人が買った値段より安い? 

    常に何かと比べて安いとか高いとかが決まっていて、絶対的な価格として「安い」というものはなく、相対的な感覚でしかないと思いませんか。

     

    いったい、いい購買をするということは何なのでしょうか。
    購買部の役割や購買をするときの目的の一つに「コスト削減」があげられます。私自身も企業のコスト削減ということを前に出しながらサービスを提供してきていた面もあるかもしれません。ただ、購買にずっと携わってきて、いまあらためて思うことは、「購買=コスト削減」ではないということです。

     

    「コストの適正化」がいい購買に

    コスト削減は利益に直結する話なので、大事な購買の目的の一つであることは間違いないでしょう。

    しかしながら、単にコスト削減をするということではなく、コストを適正にするという言葉のほうが正しい言い方で、この「コストの適正化」がより大事なことと言えると思います。

    コスト削減をするということではなく、コストを適正にするという「コストの適正化 」のイメージ。

     

    単にコスト削減というと、サービスレベルや品質を無視してでも対応できるわけですが、「コストの適正化」は、サービスレベルや品質を無視しては絶対にできません。

    1億円の買い物でも「安い買い物だったな」と言えるものもあれば、1万円でも「高かったな」という買い物があるのはそういうことなのです。

     

    コストとサービスレベルはいつも表裏一体で、どちらかが欠けてもいい購買にはならないというのも、私があらためて言うことでもないでしょう。

     

    いい購買とはいったい何なのかを、今後も皆さんと一緒に考えてみたいと思います。

     


    谷口健太郎 著 「間接材購買戦略-会社のコストを利益に変える」東洋経済新報社 を要約

     

    谷口健太郎 著書
    「リバースオークション戦略」東洋経済新報社
    「間接材購買戦略 〜会社のコストを利益に変える〜」東洋経済新報社

     

    この記事が「参考になった!」と思ったら、facebookまたはTwitterでぜひ
    “シェア”をお願いします。

関連ページ

事業・サービス紹介

DeeCorpのメソッド

間接経費のコスト削減支援で20年間、ディーコープがご支援して参りました大手企業を中心とした3,177社以上の買い手企業様の”間接経費(間接材・サービス)のコスト削減”を支援してくることで得られた購買ノウハウや、考え方を体系化した“メソッド8種類”をご紹介します。

>>続きを読む

事業・サービス紹介

間接経費のコスト削減支援

"ディーコープが間接経費のコスト削減の専業企業として培った情報やノウハウを活用し、間接経費(間接材・サービス)の購買におけるコスト削減と最適化ができる様にサポートしていきます。 ディーコープ独自のアウトソーシングという仕組と立ち位置で、適正な市場価格を導きだします。"

>>続きを読む

事業・サービス紹介

見積取得支援システム”見積@Dee”

相見積取得支援サービス”見積@Dee”を用いることで、ディーコープが蓄積した間接経費(間接材・サービス)に関するノウハウとコンサルタントによるサポートを得れます。またディーコープが長年の活動で取得したサプライヤリストを活用いただけます。

>>続きを読む