最適な間接材購買のススメ

  • 最適な間接材購買のススメ

    2017/03/09

    【ココだけの話?!】封筒のコスト適正化

    本社移転、在庫切れなど
    封筒を発注するタイミングは意外と多いのではないでしょうか。

     

    ところで、封筒の仕様はどのように決めていますか?

     

    パッと思いつくのは印字デザインの指定。
    他にも、口糊は?用紙は?・・・など、単に封筒といってもイメージは様々です。

     

    一方、封筒の貼り方(紙の継ぎ目がどこにあるか)で
    迷うことはあまりないのではないでしょうか。

     

    「こだわりがない」という条件を伝えるだけでも提案の幅は広がります。

    「なんとなく」の現行踏襲が、コスト適正化に繋がる新提案を阻害することもあるのです。

     

    また、ココだけの話ですが
    紙厚の条件を緩和するよりも、1回あたりの発注数量を増やしたほうが
    全体費用が下がる傾向があります。

     

    まずは、どんな条件が必須なのかを整理して、
    複数の企業から見積を取得してみてはいかがでしょうか。

     

    また、色々な購買のコツを知りたい場合は、ぜひディーコープまでお問合せください!

     

    この記事が「参考になった!」と思ったら、facebookでぜひ“シェア”をお願いします。

関連ページ

事業・サービス紹介

DeeCorpのメソッド

17年間、ディーコープがご支援して参りました大手企業を中心とした2,000社以上の買い手企業様の”間接材・サービスの購買適正化”を支援してくることで得られた購買ノウハウや、考え方を体系化した“メソッド8種類”をご紹介します。

>>続きを読む

事業・サービス紹介

アウトソーシング

間接材・サービスの購買を、長年専業で培った情報やノウハウを活用し、適正価格で購買できる様にサポートしていきます。 ディーコープ独自のアウトソーシングという仕組と立ち位置で、適正な市場価格を導きだします。

>>続きを読む

事業・サービス紹介

選ばれる理由

17年間、大手企業を中心とした2,000社以上の買い手企業様のご支援することで、多くの信頼と実績を獲得しました。間接材・サービスの購買に特化したディーコープならではのサービスだからこそ、多くのお客様にお選びいただいております。

>>続きを読む