最適な間接材購買のススメ

  • 最適な間接材購買のススメ

    2017/05/11

    【景観を良く!】植栽業務

    部屋やオフィスに観葉植物を置き、緑を取り入れると気分が良くなりますよね。

     

    また、工場や事務所などの敷地に樹木や植物を植え、従業員の癒しの場を提供している企業様もいらっしゃるのではないでしょうか。

     

    でも、管理をしないと木が伸び放題になって格好が悪いし、外壁を越えて道路に飛び出してしまうことも。
    雪の多い地域では、雪囲いが必要な場合もあります。

     

    見積条件を伝える一番簡単な方法は、実際に来てもらって樹木を確認してもらうことです。

     

    そして、作業前の樹木の状況と作業後の樹木の状況がわかる写真を提示すれば作業イメージがつき易いかもしれません。

     

    実際に現場に行って確認ができない場合は、木の種類と本数、敷地のどこに植えてあるかを分かりやすく伝えると良いですね。

     

    他にも気にすべき条件は沢山あるのですが、今回はここまで。

     

    この記事が「参考になった!」と思ったら、facebookでぜひ“シェア”をお願いします。

関連ページ

事業・サービス紹介

DeeCorpのメソッド

17年間、ディーコープがご支援して参りました大手企業を中心とした2,000社以上の買い手企業様の”間接材・サービスの購買適正化”を支援してくることで得られた購買ノウハウや、考え方を体系化した“メソッド8種類”をご紹介します。

>>続きを読む

事業・サービス紹介

アウトソーシング

間接材・サービスの購買を、長年専業で培った情報やノウハウを活用し、適正価格で購買できる様にサポートしていきます。 ディーコープ独自のアウトソーシングという仕組と立ち位置で、適正な市場価格を導きだします。

>>続きを読む

事業・サービス紹介

選ばれる理由

17年間、大手企業を中心とした2,000社以上の買い手企業様のご支援することで、多くの信頼と実績を獲得しました。間接材・サービスの購買に特化したディーコープならではのサービスだからこそ、多くのお客様にお選びいただいております。

>>続きを読む