最適な間接材購買のススメ

  • 最適な間接材購買のススメ

    2017/05/18

    【心も体も健康に!】健康診断

    少なくとも1年に1度実施しなければならない健康診断。
    こちらも、見直しが可能なことはご存知でしょうか。

     

    健康診断は大きく2つ。
    1.レントゲン車に事業所まで来てもらう巡回健診
    2.従業員が病院等に赴く施設健診

     

    そして、巡回健診と施設健診の両方、複数の病院の受診結果等をまとめ、事務処理を行うネットワーク健診というものもあります。

    たとえば全国に拠点がある場合、
    事業所ごとに契約していると結果表が異なる形式だったり
    拠点間でやり取りをしたり、
    従業員の転勤の度に管理が大変になりますよね。

     

    管理業務を外部に委託した場合に削減される
    従業員の手間(時給)も考慮すれば、
    見積価格は多少高くなってもトータルコストは下がるかも知れません。

     

    この記事が「参考になった!」と思ったら、facebookでぜひ“シェア”をお願いします。

関連ページ

事業・サービス紹介

DeeCorpのメソッド

17年間、ディーコープがご支援して参りました大手企業を中心とした2,000社以上の買い手企業様の”間接材・サービスの購買適正化”を支援してくることで得られた購買ノウハウや、考え方を体系化した“メソッド8種類”をご紹介します。

>>続きを読む

事業・サービス紹介

アウトソーシング

間接材・サービスの購買を、長年専業で培った情報やノウハウを活用し、適正価格で購買できる様にサポートしていきます。 ディーコープ独自のアウトソーシングという仕組と立ち位置で、適正な市場価格を導きだします。

>>続きを読む

事業・サービス紹介

選ばれる理由

17年間、大手企業を中心とした2,000社以上の買い手企業様のご支援することで、多くの信頼と実績を獲得しました。間接材・サービスの購買に特化したディーコープならではのサービスだからこそ、多くのお客様にお選びいただいております。

>>続きを読む