最適な間接材購買のススメ

  • 最適な間接材購買のススメ

    2017/05/25

    【管理されていますか?】消耗品

    気づいた時には無くなりそうになっている事が多い消耗品

     

    都度の経費精算で細々と購入されていませんか?

     

    同じ拠点はもちろん、
    全国各地に拠点があると購入している消耗品の全体ボリュームは見えにくいものです。

    例えばポリ手袋。

    本社が主導となって調達をする時、
    同じ用途なのに各拠点でメーカーや色の異なる手袋を使っているということが発覚したりします。

     

    こんな時、仕様と購入ルートを決めて本社で統制をかけることが大切です。
    情報集約ができ、年間発注数量や金額規模がみえてきます。

     

    発注先企業にも要件を伝え易くなります。

     

    とはいえ、拠点で購入している消耗品を1品目ずつ見直していくのも手間。
    そんな時はカタログ発注を視野に入れる事をお勧めします。

     

    取扱商品によってカタログも様々あるので、ぜひ比較してみてくださいね。

     

    この記事が「参考になった!」と思ったら、facebookでぜひ“シェア”をお願いします。

関連ページ

事業・サービス紹介

DeeCorpのメソッド

17年間、ディーコープがご支援して参りました大手企業を中心とした2,000社以上の買い手企業様の”間接材・サービスの購買適正化”を支援してくることで得られた購買ノウハウや、考え方を体系化した“メソッド8種類”をご紹介します。

>>続きを読む

事業・サービス紹介

アウトソーシング

間接材・サービスの購買を、長年専業で培った情報やノウハウを活用し、適正価格で購買できる様にサポートしていきます。 ディーコープ独自のアウトソーシングという仕組と立ち位置で、適正な市場価格を導きだします。

>>続きを読む

事業・サービス紹介

選ばれる理由

17年間、大手企業を中心とした2,000社以上の買い手企業様のご支援することで、多くの信頼と実績を獲得しました。間接材・サービスの購買に特化したディーコープならではのサービスだからこそ、多くのお客様にお選びいただいております。

>>続きを読む