最適な間接材購買のススメ

  • 最適な間接材購買のススメ

    2017/06/01

    【意外と重要】段ボールなどの納品条件

    段ボールが足りなくなったから、いつもどおり明日の午前中に持ってきてもらおうかな。

     

    必要な時に必要な数量を発注。

    特に問題なく思えますが、納品の頻度は高くなっていませんか?

     

    特に段ボールは構造上かさばります。
    たとえば、トラックいっぱいにPCを積んだときの売上と段ボールの売上を想像してみてください。
    PCのほうが売上も利益も高そうですよね。

     

    また、トラックいっぱいに積み込めればまだ良いですが、
    大きいトラックの片隅に段ボールだけを積んで運ぶとなると配送費用が高くなります。

     

    段ボールの保管スペースが無い場合は仕方がありませんが、
    保管スペースがある時は、まとめて納品してもらうと価格が安くなる事もあるかもしれません。

     

    他にも、現状が翌日納品の指定ならば、2~3営業日後納品に変更するなど
    納品条件について色々と相談してみてはいかがでしょうか。

     

    この記事が「参考になった!」と思ったら、facebookまたはTwitterでぜひ“シェア”をお願いします。

関連ページ

事業・サービス紹介

DeeCorpのメソッド

17年間、ディーコープがご支援して参りました大手企業を中心とした2,000社以上の買い手企業様の”間接材・サービスの購買適正化”を支援してくることで得られた購買ノウハウや、考え方を体系化した“メソッド8種類”をご紹介します。

>>続きを読む

事業・サービス紹介

アウトソーシング

間接材・サービスの購買を、長年専業で培った情報やノウハウを活用し、適正価格で購買できる様にサポートしていきます。 ディーコープ独自のアウトソーシングという仕組と立ち位置で、適正な市場価格を導きだします。

>>続きを読む

事業・サービス紹介

選ばれる理由

17年間、大手企業を中心とした2,000社以上の買い手企業様のご支援することで、多くの信頼と実績を獲得しました。間接材・サービスの購買に特化したディーコープならではのサービスだからこそ、多くのお客様にお選びいただいております。

>>続きを読む