最適な間接材購買のススメ

  • 最適な間接材購買のススメ

    2018/05/14

    【コスト削減の裏ワザ Vol.1】警備員を減らして、より安全に?!

    皆様にお見せたいグラフがあります。

    これは、あるお客さまが警備サービスの見直しをした時のものです。

    一般に「警備業務」と言っても、

    その業務は法律によって複数の分類に分かれます。

    建物の入り口の警備とお祭りの場を警備では分類が異なり、

    必要となる資格も異なるのです。ややこしいですね。

     

    また、近年の人手不足は警備業界にも強い影響を与えており、

    契約単価は年々上昇傾向にあります。

     

     

    分類が分かりにくく、しかも価格も上がってきている昨今、

    ITシステムを駆使して支出を抑える企業も増えてきました。

    システムによる機械警備を利用し、常駐警備の人件費を減らせればトータルコストが下がるケースは少なくありません。

     

     

    ITシステムとのハイブリット警備の他、

    機械警備自体の見直し相談も多くいただきます。

    警備システムは日進月歩なので、

    過去に契約なさった企業さまも今ならもっと良い条件が見つかるかもしれません。

     

    警備サービスの最適コストに課題を感じたらこちらまでご連絡下さい。

関連ページ

事業・サービス紹介

DeeCorpのメソッド

17年間、ディーコープがご支援して参りました大手企業を中心とした2,000社以上の買い手企業様の”間接材・サービスの購買適正化”を支援してくることで得られた購買ノウハウや、考え方を体系化した“メソッド8種類”をご紹介します。

>>続きを読む

事業・サービス紹介

アウトソーシング

間接材・サービスの購買を、長年専業で培った情報やノウハウを活用し、適正価格で購買できる様にサポートしていきます。 ディーコープ独自のアウトソーシングという仕組と立ち位置で、適正な市場価格を導きだします。

>>続きを読む

事業・サービス紹介

選ばれる理由

17年間、大手企業を中心とした2,000社以上の買い手企業様のご支援することで、多くの信頼と実績を獲得しました。間接材・サービスの購買に特化したディーコープならではのサービスだからこそ、多くのお客様にお選びいただいております。

>>続きを読む