最適な間接経費購買の購買のススメ

  • コラム

    2017/06/22

    【掃除を手助け】レンタルマット

    マットと言われて思いつくのはどんなタイプでしょうか?
    家庭で使用されているのは、玄関マット、台所用マット、トイレマット、バスマット…。

    施設であれば、エレベーターに敷くマットや、業種によっては厨房用マットなどがあります。

     

    もしかしたら、店舗名を記載したロゴ入りの玄関マットもあるかもしれません。

    このマット、企業の場合はレンタルで利用されているところが多いのではないでしょうか。

     

    事業所や店舗が複数ある企業では、現行の取引先が何社いるか把握されていますか?

     

    もし拠点ごとにバラバラに発注しているのであれば集約する事を検討しても良いかも知れません。

    マットは、汚れたら交換するものです。
    特に雨の日や雪の日は汚れますし、人の出入りが多いほど汚れます。

     

    天候は時期によって、人の往来は時間帯や立地条件によって異なる場合もあるので、交換頻度の見直しも定期的に行いたいですね。

     

    この記事が「参考になった!」と思ったら、facebookまたはTwitterでぜひ“シェア”をお願いします。

     

関連ページ

事業・サービス紹介

DeeCorpのメソッド

20年間、ディーコープがご支援して参りました大手企業を中心とした2,884社以上の買い手企業様の”間接経費(間接材・サービス)の購買最適化”を支援してくることで得られた購買ノウハウや、考え方を体系化した“メソッド8種類”をご紹介します。

>>続きを読む

事業・サービス紹介

アウトソーシング

ディーコープが長年専業で培った情報やノウハウを活用し、間接経費(間接材・サービス)の購買におけるコスト削減と最適化ができる様にサポートしていきます。 ディーコープ独自のアウトソーシングという仕組と立ち位置で、適正な市場価格を導きだします。

>>続きを読む

事業・サービス紹介

選ばれる理由

ディーコープでは20年間大手企業を中心とした2,884社以上のクライアントの間接経費(間接材・サービス)の購買最適化ご支援することで多くの信頼と実績を獲得しました。間接経費(間接材・サービス)の購買に特化したディーコープならではのサービスだからこそ、多くのお客様にお選びいただいております。

>>続きを読む