カタログ@Deeサービス サプライヤシステム利用規程

カタログ@Deeサービス サプライヤシステム利用規程

第1条(本利用規程の適用範囲)

  1. このカタログ@Deeサービス利用規程(以下「本利用規程」という。)は、ディーコープ株式会社(以下「当社」という。)が運営するカタログ@Deeシステム(以下「本システム」という。)により提供する「カタログ@Deeサービス」(以下、「本サービス」という。)の権利義務及び遵守事項について定めるものです。
  2. 本サービスの申し込みを行った場合、又は本サービスを利用した場合、申込者(以下「サプライヤ」という。)が、本利用規程に同意したものとみなします。
  3. 当社は、当社が必要と判断した場合、本利用規程を改定できるものとします。本利用規程の改定は当社サイト(そのドメインが「deecorp.jp」であり当社が運営するインターネット上のサイトであって、インターネット上のサイトが変更された場合は当該変更後のサイトを含む。以下「本サイト」という。)上においてサプライヤが閲覧できる状態に置いたときに効力を生じるものとします。本利用規程の改定後、サプライヤが本サービスを利用した場合、当該利用時に効力を有する本利用規程に従うことを認識及び同意した上で利用したものとみなされます。
  4. 当社より付与されたID及びパスワードを使用して、本サイトおよび本システム上で行ったサプライヤの本サービスの利用、重要事項の確認及び同意、その他承認等の行為は、全てサプライヤの正当な権限を有する者による行為とみなされた上で法的効力を生じるものとし、サプライヤは異議なく了承するものとします。
  5. 本利用規程に定めるほか、本サイトの操作方法その他本サービス利用方法に関する詳細は、当社が別途提示する「操作マニュアル」その他の使用条件書(以下総称して「マニュアル」という。)に記載されています。サプライヤは、本サービス利用にあたり本利用規程及びマニュアルを遵守します。

第2条(本サービス)

  1. 本サービスは、本システムを利用した以下のサービスをいいます。
    1. (1) SB C&S株式会社(以下「SBC&S」という。)とサプライヤが両者間で別途締結し、本サービスの対象となる旨合意した「売買基本契約」(以下「SBC&S売買基本契約」という。)に基づく個別契約(以下「SBC&S売買個別契約」という。)の申込の受理および承諾
    2. (2) 当社および当社の顧客(以下「当社顧客」という。)とサプライヤが両者間で別途締結し、本サービスの対象となる旨合意した売買基本契約(以下「当社売買基本契約」という。)に基づく個別契約(以下「当社売買個別契約」という。)の申込の受理および承諾
    3. (3) SBC&Sとサプライヤの両者間で別途締結し、本サービスの対象となる旨合意した「業務委託基本契約」(以下「SBC&S業務委託基本契約」という。)に基づく個別契約(以下「SBC&S業務委託個別契約」という。)の申込の受理および承諾
    4. (4) 当社および当社顧客とサプライヤの両者間で別途締結し、本サービスの対象となる旨合意した「業務委託基本契約」(以下「当社業務委託基本契約」という。)に基づく個別契約(以下「当社業務委託個別契約」という。)の申込の受理および承諾
    5. (5) その他全各号に付帯関連するものとして当社が定めるサービス
  2. SBC&S業務委託個別契約及び当社業務委託個別契約(以下、併せて「サプライヤ業務委託個別契約」といいます)について、サプライヤが下請代金支払遅延等防止法(昭和31年6月1日法律第120号、以下「下請法」という。)第2条8項に定める「下請事業者」に該当する場合は、以下の全ての事項について別途サプライヤが事前の書面による承諾をしたときに限り、サプライヤは前項第2号サービスを利用できるものとします。この場合、サプライヤが承諾した当該条件に基づき、当社(SBC&Sが発注を行う場合にはSBC&S)の発注について本システムにより提供される電磁的記録をもって、下請法第3条第1項に定める書面の交付に代えることを、サプライヤは承諾します。
    1. (1) 電磁的記録の提供の方法
    2. (2) 記録に用いられるソフトウェアおよびバージョン
    3. (3) 費用負担の内容

第3条(バイヤー登録)

  1. サプライヤは本サービスを利用する場合、本利用規程の全ての内容に同意の上、当社が指定する方法(電子的方法を含みます。)により当社に対しサプライヤ登録を申請します。なお、登録の申請は、必ずサプライヤの正当な権限を有する者が行い、登録の申請にあたって提供すべき登録事項は全て真実かつ正確な最新の情報でなければなりません(以下「登録情報」という。)。
  2. 当社は、自己の判断によりサプライヤ登録の可否を決定し、当社が定める方法により登録完了の通知を送付します。当社が当該通知を発信した時点をもって、サプライヤ登録の完了とします。当社が登録の申請を拒否した場合であっても、サプライヤはこれに異議を申し立てません。
  3. サプライヤは登録内容に変更があった場合、当社の指定する方法により遅滞なく変更内容を通知しなければなりません。

第4条(IDおよびパスワード)

  1. 当社は、サプライヤに、本サービスを利用するためのIDおよびパスワードを発行します。
  2. サプライヤは自己のIDおよびパスワードの使用・管理について自らが責任を負います。サプライヤに付与されたIDおよびパスワードによって行われた行為は、全てサプライヤの正当な権限を持つ者により行われたものとみなし、サプライヤは全責任を負うものとします。各IDの権限は、別紙1の「ID権限一覧表」に記載のとおりとします。
  3. サプライヤは、IDおよびパスワードを第三者に利用させ、又は貸与、譲渡、名義変更、売買、担保設定等をすることはできません。また、IDおよびパスワードを許諾された使用目的外の目的で使用してはなりません。
  4. サプライヤは、当社が認めた場合、IDの利用者の変更ができるものとしますが、事前に当社が定めた方法に従い手続きを行うものとします。

第5条(利用環境の整備)

  1. サプライヤは、本サービスの使用に関し、SBC&S、当社又は当社顧客からの売買個別契約および業務委託個別契約の申し込みに対して、安全かつ円滑な運用ができる社内環境と人員体制を整備します。
  2. サプライヤは、本サービスを利用するために本利用規程およびマニュアルで定める利用環境を自己の費用により整備し、本利用規程の有効期間中これを維持します。

第6条(売買個別契約の成立)

  1. 売買モデルサービスの場合
    1. 本システムにより、SBC&S、当社又は当社顧客が、サプライヤに対してSBC&S売買個別契約若しくは当社売買個別契約(以下、併せて「サプライヤ売買個別契約」といいます)又はサプライヤ業務委託個別契約(ただし、サプライヤが下請法第2条第8項に定める「下請事業者」に該当するサプライヤ業務委託個別契約については、第2条第2項の条件を満たしていることを条件とします。以下本条において同様)の申込みを行う場合には、SBC&S、当社又は当社顧客は本サイト上の所定の箇所に申込みに必要な情報を登録した上で、その登録内容をサプライヤ売買個別契約又はサプライヤ業務委託個別契約の申し込みとして、サプライヤから予め受領したメールアドレスに送信します。
    2. サプライヤが、当該申込みを承諾する場合には、前項の申込みを受領後、受領日から起算して2営業日以内(以下「承諾期間」という。)にマニュアルに従い本システム上で当該申込みに対する諾否を登録します。当該申込みを拒絶する場合には、その理由も含め同期間内に、SBC&S、当社又は当社顧客に回答するものとします。
    3. サプライヤ売買個別契約について本利用規程に定めない事項については、売買基本契約が適用されます。サプライヤ業務委託個別契約について本利用規程について定めない事項については、業務委託基本契約が適用されます。

第7条(利用料金)

  1. 本サービスの利用料金は原則として無料とします。

第8条(禁止事項)

  1. サプライヤは、次の行為をしてはなりません。
    1. (1) 本システムの運営を妨げる行為
    2. (2) 本システムにより提供される情報を、当社の事前の書面による承諾なくして第三者に開示・提供する行為
    3. (3) 虚偽の情報を登録又は送信する行為
    4. (4) 当社、他の利用者又は第三者の知的財産もしくはその他の利益を侵害する行為
    5. (5) 犯罪行為に関連し、又は関連するおそれのある行為
    6. (6) 公序良俗に反し、又は反するおそれのある行為
    7. (7) 法令又は所属する業界団体の内部規則等に違反し、又は違反するおそれのある行為
    8. (8) 他者を誹謗中傷する内容を含む情報を送信する行為
    9. (9) 有害なコンピュータープログラムやウィルスを送信する行為
    10. (10) 本サイト以外のインターネット上のサイトへのリンクやURL等を許可なく記載又は貼り付ける行為
    11. (11) 他の利用者のIDおよびパスワードで本サイトにアクセスする行為
    12. (12) その他、当社が不適切と判断する行為

第9条(本サービスの変更・中断・終了)

  1. 当社は自己の判断により、本サイト上で事前に連絡することにより(ただし緊急でやむを得ないと当社が判断するときはこの限りではありません)、いつでも本サービスの一部又は全部の変更・終了、本サービスの提供の一時停止を行うことができるものとします。
  2. 前項に基づき当社が行った措置に起因又は関連してサプライヤに損害が生じても、当社はサプライヤに対し一切の責任を負いません。

第10条(知的財産権)

  1. 本サービス(本システムおよび本サイトを含みますが、これに限りません)に関する所有権および知的財産権は、全て当社又は当該本サービスの権利者に帰属します。

第11条(利用資格の取消)

  1. 当社は、サプライヤが本利用規程に違反した場合、その他サプライヤが本サービスを利用することが不適当と判断される合理的な理由がある場合は、サプライヤに事前に通知のうえ、利用者資格を取り消すことができます。ただし、当社からの連絡に対して相当期間応答がない場合は、この限りではありません。

第12条(免責)

  1. 当社は、天災地変、戦争、内乱、暴動、テロ、放射能汚染、内外法令の制定・改廃、公権力による命令・処分・指導・措置、争議行為、停電、輸送機関・通信回線の異常等、当社の支配を越えた不可抗力に起因するサプライヤの損害については一切の責任を負わないものとします。
  2. 当社は、当サイト及び当システム上に掲載されているデータ・情報の品質向上に最大限努力するものとしますが、その正確性、確実性、有用性、合法性、道徳性及びコンピュータウィルスに感染していないことにつき、サプライヤに対して保証しないものとします。
  3. 当社は、本システムに登録された売買個別契約および業務委託個別契約に関する受発注データ等本システム上で取り交わされるデータの全部又は一部が消失した場合、データの復旧に向けて最大限努力しますが、これによる損害等について責任を負いません。
  4. 本サービスは、第6条(売買個別契約および業務委託個別契約)の記載の手続に従いSBC&S又は当社顧客とサプライヤ間で成立する売買個別契約および業務委託個別契約を除き、サプライヤに本サービスを通じて第三者との新規取引の成立を保証するものではありません。
  5. サプライヤが当社から直接又は間接に本サービスに関する情報を得た場合であっても、当社はサプライヤに対して本利用規程において明示的に規定される内容を超えて保証を行いません。
  6. 本サイトから他のインターネット上のサイトへのリンクや、第三者から本サイトへのリンクが提供されている場合がありますが、当社は、当社の提供するサイト以外のインターネット上のサイトおよびそこから得られる情報に関して如何なる理由に基づいても一切の責任を負いません。
  7. 本利用規程において明示的に定める場合のほか、本サービスに関連してサプライヤ又は第三者が被った損害につき、当社は責任を負いません。

第13条(損害賠償)

  1. サプライヤが本利用規程に違反して、当社又は第三者に対し損害を与えた場合、サプライヤはかかる損害を賠償します。

第14条(反社会的勢力の排除)

  1. サプライヤは当社に対し、サプライヤとしての登録を申請した日において、サプライヤ又はサプライヤの代理人若しくは媒介する者が、暴力団、暴力団員、暴力団員でなくなったときから5年を経過しない者、暴力団準構成員、暴力団関係企業、総会屋等、社会運動等標ぼうゴロ又は特殊知能暴力集団等、その他これらに準ずるもの(以下これらを「反社会的勢力」という。)に該当しないこと、及び次の各号のいずれにも該当しないことを表明し、且つ、将来にわたっても該当しないことを確約するものとします。
    1. (1)反社会的勢力によって、その経営を支配されていると認められる関係を有すること
    2. (2)反社会的勢力が、その経営に実質的に関与していると認められる関係を有すること
    3. (3)反社会的勢力に対して、資金等を提供し、又は便宜を供与するなどの関与をしていると認められる関係を有すること
    4. (4)役員又は経営に実質的に関与している者が反社会的勢力と社会的に非難されるべき関係を有することその他反社会的勢力との社会的に非難されるべき関係を有すること
  2. サプライヤは当社に対し、現在及び将来にわたって、自ら又は第三者を利用して次の各号に該当する行為を行わないことを表明し、確約するものとします
    1. (1)暴力的な要求行為
    2. (2)法的な責任を越えた不当な要求行為
    3. (3)取引に関して、脅迫的な言動をし、又は暴力を用いる行為
    4. (4)風説を流布し、偽計を用い又は威力を用いて相手方の信用を毀損し、又は相手方の業務を妨害する行為
    5. (5)その他前各号に準ずる行為
  3. サプライヤが反社会的勢力若しくは第1項各号のいずれかに該当し、若しくは前項各号のいずれかに該当する行為をし、又は第1項若しくは前項の規定に基づく表明・確約に関して虚偽の申告をしたことが判明したことにより、当社がサプライヤの登録継続が不適切であると判断した場合には、当社はサプライヤに対し何らの通知、催告を行わなくとも、利用者資格を直ちに取り消すことができるものとします。
  4. サプライヤが、本サービスに関連して、第三者と下請又は委託契約等(以下「関連契約」という。)を締結する場合において、関連契約の当事者又は代理若しくは媒介をする者が反社会的勢力、又は第1項各号の一に該当すること、又は第2項各号のいずれかに該当する行為をしたことが判明した場合、当社は、関連契約を締結したサプライヤに対して、関連契約を解除するなど必要な措置を執るよう求めることができます。
  5. 当社が前項の措置を求めたにもかかわらず、サプライヤがそれに従わなかった場合には、当社は、何らの通知、催告を行わなくとも、利用者資格を直ちに取り消すことができるものとします。

第15条(秘密保持)

  1. 当社およびサプライヤは本サービスに関連して知り得た相手方の情報(以下「秘密情報」という。)につき、相手方の書面による承諾なく第三者に開示・漏洩しないものとします。但し、国家機関の命令による開示等正当なる事由に基づき開示する場合はこの限りではありませんが、その場合には相手方に対して速やかに事前の通知を行うものとします。
  2. 前項にかかわらず、以下に該当する情報は秘密情報から除外されるものとします。
    1. (1)既知又は公知のもの
    2. (2)自己の責によらず公知となったもの
    3. (3)正当な権限を有する第三者から秘密保持義務を負わされることなく適法に取得したもの
    4. (4)秘密情報によることなく独自に開発したもの
    5. (5)情報開示者から秘密保持の必要なき旨書面で確認されたもの
  3. 当社及びサプライヤは、秘密情報を本サービスの目的のみに利用するとします。
  4. 第1項の定めにかかわらず、当社は、本サービスの提供に必要な範囲で、サプライヤから提供を受けた情報を、SBC&Sおよび当社顧客に対して提供することがあり、サプライヤはあらかじめ承諾するものとします。

第16条(個人情報の保護)

  1. 当社は、サプライヤの個人情報を、個人情報保護法その他の関連法令および別途本サイトに掲載する当社の個人情報取扱ポリシーに従い取り扱うものとし、サプライヤは、このことに同意するものとします。

第17条(合意管轄)

  1. 本利用規程の準拠法は日本法とし、本利用規程に起因し又は関連する一切の紛争については、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とするものとします。

別紙:1

ID権限一覧表

  サービス
の利用
担当者
の増減
登録事項
の変更
管理者権限
の変更
重要事項の確認・同意
(利用料金の変更を含む)
管理者
担当者 ○※

※担当者の増加のみの権限に限ります。