最適な間接材購買のススメ

  • 社長コラム

    2018/03/29

    ロングテールに負けないためのアウトソースとインソースの分け方

    非戦略購買(間接材購買)をすべての課題であるロングテールに負けることなく 行うための“アウトソース”する業務と“インソース”する業務をまとめておきましょう。   1.インソースする業務 ◦ガバナンス、統制をかけるための、間接材購買を行う組織や箱を作る ◦常にアップデー...

    続きを読む
  • 社長コラム

    2018/03/22

    間接材の購買プロセスの「実行」と「保存」の方法

    「購買のプロセス」業務をさらに因数分解して、どの業務をアウトソース・インソースに 分類すべきかを検証してみたいと思います。   実際に「購買プロセス」は“業務非効率”や“採算性が低い”などロングテールの課題解決が できない限り、インソースでやるべきではありません。 ...

    続きを読む
  • 社長コラム

    2018/03/15

    間接材購買業務(ガバナンスの視点を持つ)

    間接材の購買を正しく納得感のある購買にしていくためには、企業や会社の中で、経営として間接材の購買を見える化して経営のコントロールの中に入れ、ブラックボックスにならないようにすることが重要   これらを行うことで間接材の購買から生まれてくるコストの適正化からのコスト削減による利益の享...

    続きを読む
  • 社長コラム

    2018/03/05

    購買プロセスを残すことで購買の担当者を守る

    購買は不祥事が起こりやすい環境 購買業務をやっていますと、どうしても会社のお金を扱い、売り手企業との接点も増えてきます。 そんな環境の中で業務を行う購買は、不祥事が起こりやすくなる、というリスクを常に抱えている業務といえます。   そのリスクから購買の担当者を守る仕組みとし...

    続きを読む
  • 社長コラム

    2018/02/27

    正しい購買プロセスが継続的な納得感のある見積価格取得に

    正しい購買プロセスを行うことのメリット   購買業務を実行する上で重要なことの二つ目は購買していくプロセスを正しく実行する事です。複数の見積を取って稟議書に添付することが社内でルール化されていても、毎回同じ業者さん(サプライヤー)3社からの見積を取るだけでは正しい購買業務が実施でき...

    続きを読む