最適な間接材購買のススメ

  • 最適な間接材購買のススメ

    2017/03/23

    【いざという時のために】災害への備え

    今月で、東日本大震災が発生して6年―。

     

    災害は発生しない事がベストですが
    いつか起きるかもしれない“その時”のために、防災知識と防災備蓄品が必要です。

     

    東京都防災ホームページによれば

    「3日分の水・食料・その他必要物資の備蓄」が企業の努力義務とされています。

     

    備蓄食料は保存性の良いものでも、一般的な賞味期限は

    「3年」もしくは「5年」

     

    震災後に購入した備蓄品は、賞味期限が過ぎていたりしませんか。

    せっかくの食料品。ただ廃棄するのはもったいないし、可能であれば活用したい。

     

    大量入替の際は、自社のCSR活動の一環として
    フードバンクに寄付という方法も検討してはいかがでしょうか。

     

    また、弊社では毛布や保存食等、防災備蓄品の調達支援もお受けしています。

     

    防災備蓄品の需要が高まる年度末。
    納期調整が必要となり、物によっては調達が難しくなる場合もあるので
    計画的な購入をお勧め致します。

     

    この記事が「参考になった!」と思ったら、facebookでぜひ“シェア”をお願いします。

関連ページ

事業・サービス紹介

DeeCorpのメソッド

17年間、ディーコープがご支援して参りました大手企業を中心とした2,000社以上の買い手企業様の”間接材・サービスの購買適正化”を支援してくることで得られた購買ノウハウや、考え方を体系化した“メソッド8種類”をご紹介します。

>>続きを読む

事業・サービス紹介

アウトソーシング

間接材・サービスの購買を、長年専業で培った情報やノウハウを活用し、適正価格で購買できる様にサポートしていきます。 ディーコープ独自のアウトソーシングという仕組と立ち位置で、適正な市場価格を導きだします。

>>続きを読む

事業・サービス紹介

選ばれる理由

17年間、大手企業を中心とした2,000社以上の買い手企業様のご支援することで、多くの信頼と実績を獲得しました。間接材・サービスの購買に特化したディーコープならではのサービスだからこそ、多くのお客様にお選びいただいております。

>>続きを読む