最適な間接材購買のススメ

  • 最適な間接材購買のススメ

    2017/04/27

    【どうするの?】電話の交換

    オフィスで使用している固定電話。

     

    この固定電話をまとめているのが構内交換機(PBX)です。

     

    簡単に言うと、内線や外線などの電話回線を制御している機械になります。
    PBXと電話機は基本的に同一のメーカーで統一します。

     

    調達要件で気をつけなければならないのは
    PBXと電話機の両方の仕様。

     

    どちらか1つに他社が持ち合わせていない機能があると
    自然と対応可能メーカーが限られてしまいます。

     

    たとえば、電話機のファンクションキーの個数などが参入障壁になります。
    これは、ナンバーキーの上にあり、
    留守電など色々な機能を設定できるキーです。

     

    また、1つの機能だけでは他メーカーの参入障壁になりませんが、
    2つの機能を掛け合わせると対応できる機種が1機種だけになるなんてことも。

     

    この場合は、1メーカーに限らず複数メーカーの製品提案を貰ったほうが良さそうですね。

     

    この記事が「参考になった!」と思ったら、facebookでぜひ“シェア”をお願いします。

関連ページ

事業・サービス紹介

DeeCorpのメソッド

17年間、ディーコープがご支援して参りました大手企業を中心とした2,000社以上の買い手企業様の”間接材・サービスの購買適正化”を支援してくることで得られた購買ノウハウや、考え方を体系化した“メソッド8種類”をご紹介します。

>>続きを読む

事業・サービス紹介

アウトソーシング

間接材・サービスの購買を、長年専業で培った情報やノウハウを活用し、適正価格で購買できる様にサポートしていきます。 ディーコープ独自のアウトソーシングという仕組と立ち位置で、適正な市場価格を導きだします。

>>続きを読む

事業・サービス紹介

選ばれる理由

17年間、大手企業を中心とした2,000社以上の買い手企業様のご支援することで、多くの信頼と実績を獲得しました。間接材・サービスの購買に特化したディーコープならではのサービスだからこそ、多くのお客様にお選びいただいております。

>>続きを読む