• HOME
  • サービス
  • 成功事例・実績
  • ニュースリリース
  • 企業情報
  • 無料相談

トップページサービス契約管理業務の効率化

契約管理業務の効率化

概要

契約内容をシステム管理することで業務の効率化と適正な契約内容の締結を実現

契約内容を確認したい場合、システムで文書を検索・閲覧することができ、文書原本の紛失リスクを軽減します。
また、単に契約文書をシステムで管理するといっただけではなく、契約条件を管理することで委託契約など、契約条件の見直しのタイミングを把握することができます。

契約管理によるメリット

契約管理によるメリット

(1)契約管理業務の効率化

登録された全ての契約書の契約先、契約の種類、自動更新の有無、契約期間等の重要なデータを簡単に抽出し、管理できます。

(2)コスト削減機会の創出

契約期間満了のアラートを設定することにより、事前に契約更改のタイミングを把握することが可能になり、不要な自動延長契約など、契約内容の見直しができます。

(3)リスク対策

安全性の高い倉庫での文書保管を併用することで、文書の紛失や災害による消失などに対応できます。

サービスの特徴

契約書のデータ管理におけるテーマの一つに、システム導入後の業務運用の負荷が挙げられます。
システムと運用ルールは準備したものの、入力や文書スキャンなどの業務オペレーションが煩雑となり、結果として契約書の一元管理が不完全なものとなるケースです。
当社では、この業務運用プロセスについて、非常にリーズナブルかつ安全性の高いなBPOセンターをサービス(オプション)としてご提供致します。
このBPOセンターを活用することで契約管理業務コストを大きく削減し、リスク管理、支出削減の機会創出も永続的に機能させることが可能になります。

成功事例・実績