• HOME
  • サービス
  • 成功事例・実績
  • ニュースリリース
  • 企業情報
  • 無料相談

サステナブルなコスト削減のポイント

真に実効性のあるコスト削減とは、
購買における継続可能(サステナブル)な仕組みづくりなしには実現しません。
長年のノウハウと実績をベースに、購買プロセスを「見える化」し、
さらに比較購買を「仕組み化」する新しい視点を持ったシステム提案は、
企業のコスト削減におけるサステナビリティ(継続可能性)を極限まで追求するものです。
現代のビジネスの現場では常識となっている比較購買は、
商品購入の際に複数メーカーや販売店について価格やサービスを比較した上で
購入する方法であり、B to Bにおいて一種の競合構造を作り出すものです。
比較購買にも独自のデータベースを活用することで、
さらに新しい競合環境を創出し、コスト削減効果を最大化するとともに、
いっそうの効率化に向けた提案が可能になります。

コスト削減は企業にとって重要なものの一つです。B to Bのサービスでシステムでコスト削減はできますが、その際には継続性があるかどうかでよく選別しなければなりません。

・・・つづきはこちら

B to Bでは比較購買でコスト削減を実現するコンペをすることによりコスト削減の即効性があるだけでなく、購買会社にも主催会社にも情報共有できるなどの大きなメリットがあります。

・・・つづきはこちら

ムダ・ムラ・ムリを見つけて改善していくことでコスト削減ができて利益も上がるでしょう。様々な経費なども一度しっかりと洗い出す必要があります。効率的な企業運営を目指しましょう。

・・・つづきはこちら

アウトソーシングをするメリットはいくつかありますが、アウトソーサーが持っているノウハウや経験を活かすことができるのは大きいです。またコストの削減にもつながることでしょう。

・・・つづきはこちら

コスト削減は各企業にとって最も重要な課題でしょう。マンネリ化してしまっている取引先との関係を見直すのも良いでしょう。取引先になり得る企業を常に探して見積もりをとっておきましょう。

・・・つづきはこちら

購買プロセスを見える化して多くの情報を共有してください。そして分析をすることも重要ですし、様々な方向から問題にアプローチしましょう。各会社にとってとても大事なことです。

・・・つづきはこちら

コスト削減は会社にとってやらなくてはいけないことです。簡単にできるものとそうでないものがありますし、優先順位をつける必要もあります。削減することでのメリットや影響を考慮しましょう。

・・・つづきはこちら

人間が行わなくていい業務はコスト削減のためにもシステム化すべきでしょう。確実性が増しますし、処理能力も人間以上だと言えます。それによってコスト削減もはかれ、メリット尽くしです。

・・・つづきはこちら

様々な企業でストレージは必要とされています。かなり大多数の企業でストレージの無駄が発生しているでしょう。余っているストレージを仮想化するなどしてコスト削減を目指してください。

・・・つづきはこちら

ペーパーレス化をする最大の目的はコスト削減だと言えます。環境を守る意味合いもありますが、企業に利益をもたらすというのは最大のメリットです。会議の在り方を変えることで節約できます。

・・・つづきはこちら

ロジスティクス分野の企業にとってもコスト削減というのは大きな課題になっています。現状を見つめなおして改善する余地が無いかを確認すべきですし、改善にむけて動くべきです。

・・・つづきはこちら

コスト削減は多くの企業にとって果たさなくてはいけない問題です。滞留在庫が多数あると保管料や廃棄料がかかります。在庫と製造のバランスをうまくとることが必要でしょう。

・・・つづきはこちら

コスト削減は急務ですが、視点を広く持たないと理想的なコスト削減はできません。物流業界においても同様で、例えば製造部門に視点を向けることで、結果的に物流費の削減も可能でしょう。

・・・つづきはこちら

人員を減らすことでのコスト削減は避けたいところです。そのためには商品コストを削減することも求められますが、サプライヤーとの交渉も選択肢の一つです。コツを押さえておくと良いでしょう。

・・・つづきはこちら

コスト削減の重要性は今や誰もが知っていますが、実現させることは難しく、さらにそれを継続させることは困難です。仕組み化や見える化が不可欠で、それにより問題点に気付けます。

・・・つづきはこちら

コスト削減を目指す際にネックになるのが、発注・受注に関する部分です。これらの手間を省くことによってコスト削減やその他のメリットも得られます。アウトソーシングもひとつの手です。

・・・つづきはこちら

契約業務というのは多岐にわたっており、ミスが許される部分ではありません。重要情報を扱うこともあるので業務を効率化して確実性を高めるべきです。システム導入でコスト削減できそうです。

・・・つづきはこちら

購買業務を各部署が別々に行っている企業の場合、どんなアイテムを何個仕入れているかや単価の確認がしにくくなります。一元化することで適正価格を維持したり交渉もしやすくなります。

・・・つづきはこちら

コラム

無料相談は
下記より承ります

無料相談